ぱちんこ広報室

Pachinko public relation office
パチンコ・パチスロ業界のCSR情報をご紹介するプレスリリースサイトです。

お問い合わせ

熊本地震ボランティア活動のご報告

Pocket


株式会社遊都(本社:愛知県豊田市、代表取締役 都筑益惠)では、社員の挑戦を支援するパッションチャレンジが中心となって、6月10日(金)~12日(日)の日程で熊本県阿蘇郡での復興支援活動を行いました。

パッションチャレンジではこれまでにも、東日本大震災復興支援ボランティアなどの活動を行ってまいりましたが、これらの活動からいろいろなことを学び、気づき、今回も被災地のために何かできないかと考えた結果、店舗での募金活動やチャリティーイベントに加え、現地での支援活動を行うことにいたしました。

晴天のもとグループ6店舗から集まった有志22名は、NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンターが主催するボランティアバス派遣に参加し、熊本県阿蘇郡西原村下小森区に入りました。未だ屋根の損傷が目立つ現地で、岩やブロックの撤去、道路の改修・修復、民家の掃除などの作業をグループに別れ実施しました。

▲グループ6店舗から22名が参加し、支援活動にチャレンジした

▲グループ6店舗から22名が参加し、支援活動にチャレンジした

熊本出身者の故郷のために少しでもなにかしたいという思いの実現や、初めてボランティアに参加するスタッフの「未知なる挑戦」の場になるなど、参加者それぞれの取り組みとなりました。

0泊3日という強行軍を終えたメンバーからは「同じ日本に住んでいて、被災する地域もあれば何も起きずに幸せに過ごせている地域があり、そのギャップに考えさせられました。こういう時には積極的にボランティア活動などに参加して、支え合う事の大事さを感じました」との感想も聞かれました。

当社は引き続き、熊本地震の支援活動に様々な形で取り組んでまいります。

【熊本地震ボランティア活動概要】

日 時: 2016年6月10日(金)~12日(日) ※往復車中泊の0泊3日
支援先: 熊本県阿蘇郡西原村下小森区
参加者: グループ6店舗から22名
活 動: 岩やブロックの撤去、道路の改修・修復、民家の掃除など
主 催: NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター  http://aichiborasen.org/
※グループ店舗では引き続き、熊本地震被災者支援のための活動を行っております

▲崩れ落ちた土砂などの撤去作業に取り組んだ

▲崩れ落ちた土砂などの撤去作業に取り組んだ

▲未だ道路は崩落し、ブルーシートで応急処置状態の家が多く目につく

▲未だ道路は崩落し、ブルーシートで応急処置状態の家が多く目につく

▲名古屋テレビのニュース番組「UP!」の取材も同行。支援活動の様子は6/13(月)18時15分からの番組内で紹介された

▲名古屋テレビのニュース番組「UP!」の取材も同行。支援活動の様子は6/13(月)18時15分からの番組内で紹介された

 

【パッションチャレンジとは】

社員個人の成長支援を目的とした社内制度。業務との関連にこだわらず、社員がチャレンジしてみたいものを提案し、その中から実施項目を協議して選び、全社で取り組んでいます。店舗営業と並行して行われるため、全員参加とはなりませんが、それらのバックアップ体制をとることなども含めて、パッションチャレンジの意義と考えています。
これまでに、東日本大震災復興支援ボランティアや富士登山、「三河湾チャリティー100km歩け歩け大会」(主催: (株)味とこころ、七福醸造(株)、三河湾チャリティー100km歩け歩け大会実行委員会)などが行われ、自分の限界に挑戦することや、チームワークづくりにつながる様々な気付きを得ています。

 

【会社概要】
株式会社 遊都   代表取締役 都筑 益惠
本社:〒471-0027 愛知県豊田市喜多町1-77  http://yout.co.jp/
創業:1983年8月26日 設立:1988年7月11日 従業員数:190名 事業所:愛知県下 6店舗

■本件についてのお問い合わせ /
株式会社 遊都 (経営店舗:APAN21、RAINBOW)
プロジェクト推進課 TEL:0565-34-0007

この企業のプレスリリース

プレスリリースをもっと見る

企業別