ぱちんこ広報室

Pachinko public relation office
パチンコ・パチスロ業界のCSR情報をご紹介するプレスリリースサイトです。

お問い合わせ

「2016年パチンコ・パチスロファンアンケート調査(ホール来店客調査)」 発表

Pocket


遊技業界の横断的組織である一般社団法人 日本遊技関連事業協会(会長 / 庄司孝輝)広報調査委員会(福山裕治委員長)が、2016年11、12月に全国の日遊協会員企業ホール等の来店客を対象に行った「2016年パチンコ・パチスロファンアンケート調査(ホール来店客調査)」の結果が3月16日の平成28年度第6回定例理事会で承認され公表されました。

今回は従来の定点観測に加えて、とくに離反リスク層・不満層に焦点を当て、ホールや遊技機に対する不満点や満足度、今後遊技を続ける意向があるか、ないか、離反防止の方向性等について調査・分析を行いました。日遊協ではこれらの結果をもとに、遊技機やホールのあり方を含めて今後の業界づくりに役立ててまいります。

調査にあたっては全国の日遊協会員企業ホールに加え、九州地区遊技業組合連合会青年部にもご協力いただき、127ホールで2,242名の回答をいただくことができました。

■アンケート実施要領
協力ホール数:127ホール
回収サンプル数:2,242人
協力調査機関:(株)インテージ

■アンケート結果概要
前回(2015年)調査での総括を掘り下げ、
①離反防止対策(不満層、低頻度層の不満要因の解消) 
②低頻度層の遊技意欲の向上
の2点を新しい着眼点とした。

不満層とは<総合満足度>の「やや不満」「不満」「とても不満」の計23%で、10~20代3%、30~50代12%、60代以上8%を占める。さらに不満層のうちホール来場が低頻度(月1~2回程度以下)な層を離反リスク層と定義、全体の7%を占める。(表1)(表2)

表1:総合満足度

表1:総合満足度

表2:離反リスク層のボリューム

表2:離反リスク層のボリューム

・ホールに行く頻度…週1回程度以上が7割強あり、男女とも高齢になるほど頻度が高まる。不満層の低頻度では約7割が月2回程度

表3:ホールに行く頻度

表3:ホールに行く頻度

・ホールに行く目的…「時間が空いたときの暇つぶし」が4割強でトップ。「ストレス解消や手軽なレジャー」が3割強、「実益は兼ねるがあくまでレジャー」が13%弱で続く。「実益重視」は11%。不満層でも「暇つぶし」が4割強だが、このうちの高頻度は23%が「実益重視」となっている

表4:ホールに行く目的

表4:ホールに行く目的

・あなたにとってパチンコ、パチスロとは…「1番ではないが大事な楽しみ」が約4割、「なくてもまったく困らない」が1割強だった。不満層の低頻度では「なくても困らないが、あったほうがよい」が5割弱いた

表5:パチンコ、パチスロの存在

表5:パチンコ、パチスロの存在

・娯楽に求めるもの…「楽しさ」が約7割。以下「癒し」「快感」「手軽さ」と続く。不満層では中頻度で「快感」「低予算」がともに3割弱と高い

表6:娯楽に求めるもの

08-13ファンアンケート4表6:娯楽に求めるもの

・ホールに行きたくなるとき…「ヒマなとき」が5割強でトップ。以下「息抜き」「気に入っている機種があるとき」が続く。不満層では「ヒマなとき」「収入があったとき」「誰かに誘われたとき」を挙げる割合が低頻度ほど高い

表7:ホールに行きたくなるとき

08-13ファンアンケート4表7:ホールに行きたくなるとき

・パチンコかパチスロか…パチンコ主体が5割強。パチスロ主体は2割強。性・年代別では、パチンコ主体は男性で4割半ば、女性で6割強。年齢が高くなるほどパチンコ主体になる。パチスロ主体は男女とも10~20代で、とくに男性10~20代は4割を占める。不満層では頻度が高まるほどパチンコ主体の割合が高い

表8:プレー機種

表8:プレー機種

・ホールの不満点…「好きな機種の台数が少ない」「居心地が良くない」「喫煙環境が自分の希望に会っていない」が上位3項目。不満層では「好きな機種の台数が少ない」「居心地が良くない」を挙げるのは低頻度で高い

表13:今後非継続意向

08-13ファンアンケート4 表9:ホールの不満点

・パチンコの不満点…「あまり連チャンしない」「大当たりしにくい」「あまりお金をかけずに遊べない」が上位3項目。不満層では低頻度ほど「あまり連チャンしない」の割合が高い傾向

表10:パチンコ機器の不満点

08-13ファンアンケート4 表10:パチンコ機器の不満点

・パチスロの不満点…あまり連チャンしない」「大当たりのメダル量が多く期待できない」が上位項目。不満層では「大当たりの……」が中・低頻度で4割前後と高い

表11:パチスロ機器の不満点

08-13ファンアンケート4表11:パチスロ機器の不満点

・今後もプレーを続けるか…「とてもそう思う」「そう思う」「ややそう思う」の肯定組は6割強。「そう思わない」「まったくそう思わない」の否定組は約1割。不満層では肯定組は低頻度ほど低い

表12:今後の継続意向

表12:今後の継続意向

・やめたい理由…「あまり勝てない」「お金がかかり過ぎる」「長時間遊べない」が上位3項目。不満層の低頻度では「お金がかかり過ぎる」「機種がおもしろくない」を挙げる割合が高い

表13:今後の非継続意向

08-13ファンアンケート4 表13:今後の非継続意向

【総括=離反リスク層・不満層への取組み】 
ホールについては、「店内の清潔感」「店員の接客態度」は必須事項。60歳以上は不満でも来店頻度が高く、貢献度も高いので、喫煙環境など環境面の整備も重要。
 機器については、「連チャン」「大当たり」(「快楽」ニーズ)の不満解消が第一。「当たりの楽しみを味わえる」機種や、〝少額で遊べる〟機種の開発も必要。機種、台数を充実させる環境づくりが肝要となる。60代以上は「遊び方のわかりやすさ」「長時間遊べる」も挙げられている。
 来店促進策として、とくに若い人にはインターネット、SNS、会員メールなどでの定期的な情報発信が有効と思われる。さらにホールに行く回数が増えた理由に「家族、友人と行く機会が増えた」が多くあるほか、10~20代で「誰かに誘われて」が来店動機となっているので、これらを施策に取り入れたい。

以上

■お問い合わせ/ 〒104-0033 東京都中央区新川2-12-15 ヒューリック八丁堀ビル2階
TEL 03-3553-4333 (代表) FAX 03-3553-4334 
http://www.nichiyukyo.or.jp/

この企業のプレスリリース

プレスリリースをもっと見る

企業別