ぱちんこ広報室

Pachinko public relation office
パチンコ・パチスロ業界のCSR情報をご紹介するプレスリリースサイトです。

お問い合わせ

環境保全活動、社会貢献活動 オイスカ四国支部主催「山・林・SUN体験」参加のご報告

Pocket


株式会社グランド商事・アドバンス(本社:香川県高松市、代表取締役 平山 剛)は、2017年11月12日に香川県多度郡まんのう町の尾の瀬山で開催された第22回「山・林・SUN体験」ボランティアに、従業員有志5名が参加いたしました。

晴天のもと、集まった約100名のボランティアと共に5年前に植えた山桜の苗木周辺の草刈りを行いました。当社メンバーはカマを持ったこともない者がほとんどで、事前にレクチャーを受けたものの少々あわててしまい、苗木の周りの草を刈るはずが山道の草を刈ってしまうなど、笑いの絶えないスタートとなりました。1時間程度で草刈りは終了しましたが、これまでに植林され、そして手をかけられてきた山桜の成長を間近で見たことから、来る春が楽しみとなりました。

当社は、京都議定書の第一約束期間が始まる2008年に先立ち、温室効果ガスの排出削減に少しでも貢献できないかと、節電に加え地元に還元できる活動を探していたところ、パーラーグランド宇多津店が至近というご縁から、オイスカ四国支部の活動を知りました。長年取り組んでこられた同団体の活動に共感し、以来ボランティアとして参加を継続してまいりました。

同団体ではその後の2010年11月から2014年11月までの5か年計画で、2.5ヘクタールに7,500本の山桜を植え、山林火災による消失や、松枯れした場所などに緑を呼び戻す「尾の瀬山・オイスカ憩いの森」づくり活動を行い、計画終了後は「山・林・SUN体験」と題して、憩いの森を育てる活動に移行しました。当社も引き続き環境保全活動、社会貢献活動の一環として、同団体の活動にボランティア参加してまいります。

【参加者の声】
最初は何をしたらいいのか分からず、山桜がどれなのかも分かりませんでした。周りの人の作業を見よう見まねで行っていくうちに、木の成長のために、雑草やつるを取り除くこと、7,500本の苗木の管理がどれだけ大変なことなのかを学びました。関わったのは、10本程度ですが、少しでも役に立つことができて良かったです。

植林②

【第22回「山・林・SUN体験」ボランティア 概要】
日時:2017年11月12日(日) 場所:香川県多度郡まんのう町 尾の瀬山
主催:公益財団法人オイスカ 四国支部 http://www.oisca.org/shikoku/

■株式会社グランド商事・アドバンス  
代表取締役 平山 剛
本 社: 〒760-0033 香川県高松市丸の内11-13  http://grand-p.co.jp/
設 立: 1966年
資本金: 4億1150万円
売上高: 303億円(2017年3月期)
スタッフ数: 540名(2017年3月期末時点)
事業内容: 遊技場(パチンコ店)の企画・運営、うどん店(ホール内、店舗型)、セルフうどんやま、ネイルサロン、太陽光発電、カラオケ店(カラオケCLUB DAM)経営

■本件に対するお問い合わせ
株式会社グランド商事・アドバンス 広報担当/峯瀬
TEL: 087-823-3456

この企業のプレスリリース

プレスリリースをもっと見る

企業別